ブログトップ

くまぐす日記

学生の頃、お弁当屋さんでアルバイトをしていました。メンバーは自分と同じ年くらいの人ばかりでわきあいあいとした楽しい職場でしたが、私にはさらに楽しみがあったんです。

それは、好きな人と一緒のシフトになることです!当時高校生だった男の子に一目惚れし、それ以来、その彼と一緒に働ける日は、一日中そわそわしていました。

1カ月前にシフト表が完成するのですが、一緒に仕事できる日にはハートマークをつけて心待ちにしていたほど。

なかなか会えない時は、自分がバイトをお休みの日でもわざわざバイト先に顏を出しにいくほどに彼に熱中していました。

今でもとってもいい思い出です。昔から色々なアルバイトをしてきましたが、どれも共通するのは接客業だったことです。性格的には人見知りなくせに、仕事となるとなぜか人と話すのが楽しいと感じていました。長く務めるほど、顔なじみの人も来てくれたり、重要な仕事を任されたりとやりがいもありました。

顧客担当などがあると、給料もぐんと上がったり、ほかのバイトにはできない仕事を率先してやると、上司が認めてくれるので、待遇面もとてもよくなったりしました。

自分で働きやすい環境を作るのも大切なんだなと感じていました。

今は、主婦ですのでバイトはしていませんが、子供たちが大きくなったらまたアルバイトをして充実した生活がしたいです。
[PR]
# by youhayya23 | 2014-07-25 11:28

私は引越しが大好き

しが大好きです。なぜなら、断捨離ができるので。それに、普段は見ないフリをしている埃などは、引越しを機にキレイさっぱり取り去られます。

この際に、キレイさっぱり取り去られる埃は、厳密に言えば退居する部屋の埃ではなく、部屋の中にあったマンガや鏡や観葉植物などについた埃です。

最低限の床の埃は掃除機で吸ってはいるのですが、物についた埃は引越しなどのタイミングがないと、なかなか取らないのですよね。

ですから、引っ越しの際に気を付けることは、半ば強制的に物と見つめあう機会にて、ダンボールに詰める際に、ひとつひとつ埃をとっていくのです。私はこういった機会を逃すと、埃をとらないのでこのときばかりは頑張ります。

私は引越しを経験して学んだことがあります。それは物は溜めこまずに定期的に処分しておくということです。初めて一人暮らしを行った時、私は自分だけの空間ということで、色々な物を置いていました。

しかしそこから引越しをするとなった時、とにかく物がたくさんあったので、それらを適切に処分するという手間に追われました。全て一般的なゴミとして処分できれば良いのですが、中には粗大ごみとして適切に処分する必要のある物がありました。

この苦い経験をしたことによって、物を定期的に処分する癖が付きました。そういう意味で引越しには感謝しています。
[PR]
# by youhayya23 | 2014-06-27 18:54

もうすぐワールドカップが開催されます。日本が上位に進出することを願うばかりですが、私の楽しみはこれだけではりません。実は最近知ったのがワールドカップtotoというものです。まずtotoというのは現在広く知られているJリーグの勝敗を予想するくじのようなものです。

そのワールドカップバージョンが発売されると分かりました。ですからここはよりワールドカップを楽しむということで興味を持っています。もちろん当てるのは非常に難易度が高いことです。

それでも楽しみながらできることなので、これがあればより中身の濃いワールドカップになるような気がしています。
[PR]
# by youhayya23 | 2014-06-17 09:01

周囲の人達のなかで私は家電やパソコンに詳しいほうで、そのせいかよく良いパソコンについて教えて欲しいと頼まれることが多いです。

ですが、良いパソコンというのは個人的には存在しないと思っています。厳密にいうなら適したパソコンという表現が的確でしょうか。というのも高スペックのパソコンイコール、良いパソコンとは言い切れないからです。

極端な話、ブラウザで検索するだけなら数年前のパソコンでも充分です。逆に高グラフィックのゲームで遊びたいなら、メモリはもちろん、良いグラフィックボードのパソコンの方が良いでしょう。
[PR]
# by youhayya23 | 2014-06-16 10:03

不思議でならないもの

遠く離れた場所から駅のプラットホームの案内が聞こえます。駅からは数キロ離れているはずなのに、こんなに聞こえるなんて何とも不思議でならないものです。

きっと風に乗ってその音色は私の場所へと運ばれてくるんでしょうけど、それでも不思議ですね。何処かの家でピアノを奏でている人がいます。何処か分からないけど風に乗ってその音色は流れてきます。綺麗な純粋で美しい音色です。

そんなときはいつも聞き入ってしまい、それでいつもその音色と共にお昼ねなんてことになってしまいます。まさに魔笛、、違いますね。とにかく美しいのです。
[PR]
# by youhayya23 | 2014-06-14 21:16